PR

    さかなクン私設応援サイト

    さかなクンの出演する講義へ参加してからというもの、さかなクンのファンになってしまったママと息子が立ち上げた個人サイトです。

    さかなクンの業績と、魚に対する愛情を感じつつ更新していきますのでよろしくお願いします。

    さかなクン

    さかなクンは、日本の魚類学者w、タレント、イラストレーター。魚の生態や料理法についての豊富な知識で知られ、講演や著作活動など幅広く活躍している。2006年、東京海洋大学客員准教授に就任。その他、特定非営利活動法人自然のめぐみ教室海のめぐみ教室室長でもある。

    来歴

    父は囲碁棋士の宮沢吾朗。東京都で生まれ、神奈川県綾瀬市に育ち、綾瀬市立北の台小学校、綾瀬市立北の台中学校、神奈川県立綾瀬西高等学校を卒業した。東京水産大学入学を目指すも叶わず、日本動物植物専門学院アニマルケアー科(現在は廃校)に進むも、専門学校では水産科が廃止されていた。

    中学校3年生のときに学校で飼育していたカブトガニ19個体の人工孵化に成功した。カブトガニの人工孵化は非常に珍しく、新聞にも取り上げられた。「水槽が狭くてかわいそうだなあ」という理由で決まった時間に外に出してあげていたら、それを潮の満ち引きとカブトガニが誤認したのが原因だという。

    ドランクドラゴンの鈴木拓とは、中学校および高等学校で同級生である。鈴木によれば、目立たず、おとなしくノートに魚の絵を書いているような子供だったという。 さかなクン本人も「特に、中学生のときなんて恥ずかしいなぁって思うときなんてあるじゃないですか。魚ばっかりでこんなウキャウキャ言ってたら。今はこんな感じですけど、昔は体の中で(感情が)爆発してたんです。これは閉じ込めてたら病気になるかもしれないですよね」と語っている。

    1993年、高校3年生の時にテレビ東京系のバラエティ番組『TVチャンピオン』の「第3回全国魚通選手権」で準優勝したことを皮切りに、その後同番組で5連覇を達成し、殿堂入りを果たす。その後は、番組の問題となるイラストを提供したり、スタジオゲストや判定員、時には挑戦者の相手役兼審判にまわるかたちで魚通選手権に登場した。現在の芸名である「さかなクン」は同番組で司会を務めていた中村有志が名づけたものである。学校での愛称は「さかなチャン」もしくは「博士」だった。高校3年生から出演していたTVチャンピオン時代にはすでに現在のキャラと変わらず、感情を表に出すようになっており、元気に飛び跳ねながら甲高い声で明るく喋る姿で人気を博した。また、この時期のことを「難しいクイズで正解して思わず大喜びしてしまう自分の姿を、ご覧になった皆様が、感心し喜んでくれているのを見て、喜びは我慢しないで素直に表せばいいんだということが分かった」と振り返っている。口癖は「ギョギョ~!」。中村有志も「普段からこのまんま」だとコメントしている。当時は現在のトレードマークである帽子は被っておらず、初登場時は高校の学ラン姿だった。

    専門学校卒業後は魚関係のアルバイトを転々とし、寿司屋で働いていた時店内で魚のイラストを描いたことで評判となり、様々な店でイラストレーターとして活躍。そこからテレビのドキュメンタリー番組に出演したことで、株式会社アナン・インターナショナル会長の目に留まり、水族館での絵の展示などをサポートしてくれるようになった。魚専門のサイエンスライターとしても活動している。

    2006年、東京海洋大学客員准教授に就任する。小学校の卒業文集に将来の夢として「水産大学の先生になることです。研究したことを、いろいろみんなに伝えてあげたいからです」と書いており、夢を叶えたことになる。魚への理解を世に広めている。「以前は、自分の話し方ですかね、魚が好きな気持ちを、ご覧になられた方が面白いなぁっていう感じでご覧になってたのが、最近はもう、本当にお魚の話をさせていただくと、すごく真剣に聞いてくださることが、すごい嬉しいなと思うところでもあり、本当にしっかり自分自身が勉強してちゃんと正確にお伝えさせていただかないとなと」と語っている。

    2010年には、"田沢湖で絶滅した"と思われていたクニマスの再発見に貢献した。詳しくはクニマスの項を参照。2010年12月22日に、翌日の天皇誕生日を控えて行われた今上天皇の記者会見で、同じ魚類学者であるさかなクンらの名を挙げて「この度のクニマス発見に東京海洋大学客員准教授さかなクン始め多くの人々が関わり、協力したことをうれしく思います」と述べたことについて、別途行われた記者会見で「感慨無量です」とのコメントをしている。

    また、海に関する研究や啓蒙活動に貢献した「海洋立国推進功労者」として、2012年7月13日に内閣総理大臣賞を受賞した。

    現在、千葉県館山市に在住。

    役職

    現在の役職

    • 東京海洋大学客員准教授
    • 特定非営利活動法人自然のめぐみ教室海のめぐみ教室室長
    • お魚らいふコーディネーター
    • 農林水産省 お魚大使
    • 環境省「環のくらし応援団」メンバー
    • JF(全国漁業協同組合連合会)魚食普及委員
    • 千葉県立安房博物館客員研究員
    • 千葉県館山市「ふるさと親善大使」第一号
    • 静岡県御前崎市なぶら親善大使
    • 「よしもとおもしろ水族館」研究員(神奈川県横浜市中区、横浜中華街)
    • 新潟おさかな大使(新潟県)
    • 文部科学省・平成23年版科学技術白書表紙絵・デザインコンクール審査委員
    • 日本ユネスコ国内委員会広報大使

    過去の役職

    • 農林水産省水産庁水産政策審議会特別委員に任命(2006年(平成18年))
    • 「よしもと遊べる水族館 ギョギョギョ!パニック」研究員(埼玉県三郷市、ららぽーと新三郷内) - 2011年4月10日に水族館が閉鎖されたため

    人物

    容姿・ファッション
    前横浜市長の中田宏に顔が似ており、よしもと水族館オープンで対面したときは中田がさかなクンのハコフグのぬいぐるみをかぶったことがあった。Coccoにも容貌が似ているとタモリに言われていた。
    また大東駿介は、「よく似ていると言われる」「東京フレンドパークでさかなクンの真似をして人に伝えなくてはならなかったが、こう(両手を顔の前で広げるポーズ)しただけで皆分かった」と語っている。
    メディアに登場する際は、頭にハコフグのぬいぐるみ帽子をかぶっていることが多い。2009年10月11日に開催された日本魚類学会の研究発表会に今上天皇が出席した際にも、さかなクンは帽子は脱がずに同席している。東日本大震災の被災地を訪れた際も、帽子を脱がずにその上からヘルメットを着用した。またハコフグ帽は冬用、夏用(メッシュ加工され、通気性が良い)、水中用(スキューバなどで海に潜る際着用)、クロマキー用(通常は青だが、クロマキーがブルーバックだと青の部分が透けるので、ハコフグの体が黒くなっている)、教壇用(大学の校章が入っている)の5種類を所持している。
    アメリカの人気ラッパーであるスヌープ・ドッグが被った帽子がさかなクンのものに似ているということが話題になり、アメリカの音楽ニュースサイト「RAP-UP」でも、スヌープの帽子は『“Sakana-kun” headwear』と報じられた。
    趣味・特技
    「母曰く、はいはいしている頃から絵を描いていた」と語る自身は、絵の才能に長けており、それを活かしてイラストレーターとしても活動、仕事の柱の一つとなっている。細部へのこだわりは凄まじく、魚の背びれの棘の数、鱗の数、側線にあいている穴の数にいたるまで正確に再現している。クニマスの発見も、京都大学の中坊徹次教授からイラストを依頼され、より正確に、生き生きとした姿を描きたいという理由で、近縁種のヒメマスを参考として各地から取り寄せたことがきっかけとなった。
    幼少期、特に好きだった漫画家は水木しげる。その後、魚に興味を抱かなかったら「妖怪クン」になっていただろうと話す。好きな妖怪は「やまびこ」。
    水木しげるの描く妖怪を好きになる以前はトラック(特に清掃車)に夢中であったらしい。 現在の愛車は三菱ふそう・キャンターの3代目。
    水槽がたくさんある水槽学だと勘違いして部活見学に行ったことをきっかけに、中学校時代吹奏楽を始めた。そのため、サクソフォンとコントラバスクラリネットの演奏にも長けている。
    低い音の楽器を好むのは、本人曰く「自分の声が高いので、地響きのような低い音に憧れる」かららしい。
    5000種以上の魚やその料理法についての知識がある。
    魚を食べることも好きであり、「あまり見ない魚はとにかく食べ、またその際には骨まで食べ尽くす」とのこと。
    「一生懸命生きているお魚達のパワーを頂くからには、食べ残さず骨まで美味しく頂く事が一番の供養」であるという。
    バラエティ出演時も、時折料理の腕前も披露するほか、カツオやタコなどの捌き方も実践で紹介している。
    しかし、生きている魚を生きたまま調理することはできないらしく、活魚を貰った際にはこっそり海に返すこともあるという。
    また、魚以外にも、ケーキや和菓子などの甘いものが好物らしい。
    初恋の相手は魚(本人談)。ウマヅラハギが憧れの魚だという。
    アルバイト歴は複数あるが、水族館や熱帯魚屋、魚屋、寿司屋など、魚に関係する仕事のみだった。
    浜崎あゆみの存在を知らず「あゆ」と言われても「鮎」のことだと思っていたことや、夏に関係するキーワードとして提示されたTUBEをバンドとは知らず「Youなんとか!」「楽器?」などと伝えようとしたことなどから、芸能界に関しては少々疎い一面があったといえる。
    魚ほどではないが爬虫類・両生類に関してもかなりの知識を持ち、飼育・繁殖の経験もある。ただし、エサとなる虫は苦手。特にクモが苦手だという。
    文筆活動
    2006年に朝日新聞が連載していた「いじめられている君へ/いじめている君へ」に短いエッセイ文を寄稿。いじめられていた友人のそばにいてあげた自身のエピソードと魚たちの観察から得た知識を「いじめ」と結びつけた文章が大きな反響を得る。さかなクンのこのエッセイを抜き出して絵本にした「さかなのなみだ」が出版された他、フジテレビ系バラエティ番組SMAP×SMAPの特番『いま、いじめてる君へ…』にも出演を果たしている。
    日本国外での報道
    イギリスの公共放送局であるBBCのコメディ番組「Adam & Joe」の日本のサブカルチャーを紹介する企画に登場している。
    交友関係
    携帯電話には、全国の研究者の連絡先がズラリと並んでおり、全国各地の漁師町にもネットワークは及んでいる。オフの日に親しい漁師を訪ね、漁に同行させてもらい、情報を集めることもあるが、船にタダで乗せてもらう恩返しとして、必ず漁を手伝うことにしている。
    また、各所で語られる芸能界の友人としては、EXILEのMAKIDAI、片岡鶴太郎などが挙げられる。
    その他、京都大学教授の中坊徹次や、写真家の中村征夫とも、共同で本を出版するなど親交が厚い。
    プライベート
    上記経歴の通り、元々魚に詳しい素人としてテレビに登場したため、分類としてはタレントよりもむしろ文化人に近く、プライベートはあまり明らかになっていない。
    食用にも観賞用にもならない売れない魚を漁師から貰い受け、フィッシュハウスと呼ぶ魚飼育専用の建物で育てている。なお、テレビ番組などで自宅を公開される際に映されるのは、ほとんどの場合このフィッシュハウスである。
    「商品価値がほとんど無くて、捨てられてしまうようなお魚を見ると、すごく愛おしい姿形、顔をしているんですね。何でこんなに粗末に扱われちゃうのかなぁと思って」と語っている。また、魚の他にも、ミミという名前の猫(エジプシャンマウ)を飼っている。
    本名を出すことは殆どなく、基本的に非公開としている。『読売新聞』では「子どものファンの夢を壊さないため、本名も公表していない」と報じている。
    年齢や生年月日についても、さまざまに報じられている。年齢について質問された際には、主に「成魚です」と回答している。
    なお、同じ事務所にはほかに♪鳥くん、琉球サンゴくんがいる。
    さかなクン敬称問題
    NHKが広報局のツイッターアカウントにて、絶滅したとされていたクニマス発見の話題を取り上げた際、「さかなクン」と発言したことに対し、「さかなクンには『さかなクンさん』と敬称をつけるべきだ」という内容の投稿が数多く寄せられ、同アカウントにて、NHKの広報局員が「大変申し訳ありませんでした。お詫びして訂正いたします」と謝罪する事態になった。
    しかし、実際に寄せられた投稿の多くに見られる「さんをつけろよデコ助野郎」というのは、大友克洋作の漫画『AKIRA』から派生したネット上で多用される冗談であり、さかなクン以外にはデーモン閣下、サンプラザ中野くんに対しても度々見られるフレーズである。
    つまり、この物議自体のほとんどが、この事実を知っている人々による冗談ということになり、真実を知ったNHKの広報局員は「冗談だとは知らなかった」「みんなひどい」「どうしてこんなに多くの方からお叱りを頂くのか分からず、胃が痛くなっていた」「力が抜けた。安心はしたが(当時深夜まで寄せられた言葉一つ一つに返答、謝罪していたため)電気も空調も止まっている」などと発言した。
    こうした議論に対してさかなクンは2012年1月13日にBSジャパン『デキビジ』に出演し、司会者の勝間和代から「さかなクンさんと呼んだほうがいいか」と確認された際に「『さかなクンさん』などと敬称を付ける必要はなく、そのまま呼んで欲しい」とお願いしている。

    出演

    テレビ番組

    • どうぶつ奇想天外!(TBSテレビ) - おさかなナビゲーターとして活躍。
    • いきなり!黄金伝説。(テレビ朝日)
    • TVチャンピオン(テレビ東京) - チャンピオン5連覇!
    • 浜ちゃんと!(読売テレビ)
    • 王様のブランチ(TBSテレビ)
    • サンデージャポン(TBSテレビ) - 「波瀾万丈」ビデオ出演。
    • タモリのジャポニカロゴス(フジテレビ)
    • さんまのSUPERからくりTV(TBSテレビ)
    • ナニコレ珍百景(テレビ朝日) - 魚に関する珍百景の紹介
    • ごきげん歌謡笑劇団(NHK総合) - レギュラー出演
    • 教科書にのせたい!(TBSテレビ) - 専門家としてゲスト出演。
    • 笑っていいとも!(フジテレビ、2002年9月 - 2003年3月<コーナーレギュラー出演>・2011年1月11日・2011年7月18日・2011年12月2日)
    • Adam and Joe Go Tokyo(イギリスBBC、2003年6月6日) - ゲスト出演
    • ダウンタウンDX(読売テレビ、2007年5月17日) - ゲスト出演。
    • 行列のできる法律相談所(日本テレビ、2007年6月10日) - ゲスト出演。
    • まるまるちびまる子ちゃん(フジテレビ、2007年6月21日)
    • オンナのじかんですよ。(テレビ東京、2007年6月25日)
    • 徹子の部屋(テレビ朝日、2007年8月8日)
    • クイズ!日本語王(TBSテレビ、2007年11月21日)
    • 日本初 お魚バラエティ 香取慎吾&さかなクンのギョギョ・スペ!!(TBSテレビ、2008年1月6日)
    • GRA(フジテレビ、2008年1月19日・26日)
    • 課外授業 ようこそ先輩(NHK教育テレビ、2008年1月26日)
    • 金スマ(TBSテレビ、2008年2月29日)
    • 情熱大陸(毎日放送、2008年4月6日)
    • さかなクン・原幹恵の新潟図鑑(BS-i、2008年5月)
    • スタジオパークからこんにちは(NHK、2008年7月7日)
    • きよしとこの夜(NHK総合テレビ、2008年7月17日)
    • BS熱中夜話 水族館ナイト(NHK-BS2、2008年8月7日・14日)
    • 夏休み最後の日!!90分まるごとギョギョおさかなスペシャル(毎日放送、2008年8月31日)
    • ライオンのごきげんよう(フジテレビ、2004年8月20日 - 8月24日・2008年9月3日 - 5日・2012年6月11日 - 13日)
    • 爆笑問題のドッキリ パニックフェイス王(TBSテレビ、2009年1月5日)
    • ビーバップ!ハイヒール(テレビ朝日、2009年1月22日)
    • バラエティーニュース キミハ・ブレイク(TBSテレビ、2009年2月10日)
    • 誰だって波瀾爆笑 (日本テレビ、2009年2月15日)
    • みんなのうた「コイシテイルカ」(NHK、2009年4月 - 5月) - 歌、演奏、イラストを担当。
    • おもいッきりDON!1155(日本テレビ、2009年4月16日・6月11日)
    • はなまるマーケット(TBSテレビ、2009年4月29日・2011年5月2日)
    • EXILE GENERATION 居酒屋えぐざいる (日本テレビ、2009年6月10日・17日)
    • SAVE THE FUTURE(NHK総合テレビ、2009年6月20日・21日)
      • 絵本作家たちのメッセージ〜生きものをまもろう!〜 - 20日、ゲスト
      • エコうた - 21日。「コイシテイルカ」を披露
    • ひるおび!(TBSテレビ、2009年6月30日)
    • 地球感動配達人 走れ!ポストマン(TBSテレビ、2009年7月26日)
    • いい旅・夢気分(テレビ東京、2009年10月21日)
    • BSフジLIVE PRIME NEWS(BSフジ、2010年2月4日) - テーマ『どうなる?マグロ漁業 赤松農水相に生直言!』で赤松広隆農水相(当時)とともにゲスト出演。
    • 南極料理人と行く極寒北海道おいしいツアー 〜食材は自ら確保せよ!〜(北海道放送、2010年2月21日) - 愛川ゆず季とともに出演。
    • 土曜スタジオパーク(NHK総合、2010年2月27日・2012年6月23日)
    • 天装戦隊ゴセイジャー(テレビ朝日、2010年4月18日) - さかなクン博士役。
    • えなりかずき!そらナビ(CBCテレビ、2010年5月28日) - ゲスト
    • 世界まる見え!テレビ特捜部(日本テレビ、2010年5月31日)
    • ひみつの嵐ちゃん!(TBSテレビ、2010年7月22日)
    • さんまのまんま(関西テレビ、2010年7月24日)
    • 1億人の大質問!?笑ってコラえて!(日本テレビ)
    • 痛快!明石家電視台(毎日放送、2010年10月18日)
    • 生きもの地球大紀行(ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル、2010/12/30(木)~2011/1/2(日))さかなクン&千石先生の解説
    • おしゃれイズム(日本テレビ、2011年4月10日)
    • 教科書にのせたい!(TBSテレビ、2011年)
    • 踊る!さんま御殿!!(日本テレビ、2011年5月24日)
    • メレンゲの気持ち(日本テレビ、2011年5月28日・2012年6月30日)
    • 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU(日本テレビ、2011年5月28日)
    • しまじろうヘソカ(テレビ東京、2011年6月6日)
    • やっちまったレジェンド3(TBSテレビ、2011年10月12日)
    • ZIP!(日本テレビ、2011年11月15日) - ¥1000バイヤーズ・ゲスト
    • ちちんぷいぷい(毎日放送)
    • アナザースカイ(日本テレビ、2011年12月26日)
    • 志村けんのバカ殿様愛菜ちゃん姫大はしゃぎスペシャル(フジテレビ、2012年1月10日)
    • スマートラウンジ(BS朝日、2012年2月24日・3月2日)
    • ニッポン美味しい笑顔紀行 東日本ギョギョうま編(BS-TBS、2012年2月19日‐2012年3月18日)
    • サイエンスZERO(NHK教育テレビ、2012年3月17日)
    • パパドル! 第2話(TBSテレビ、2012年4月26日)
    • 双方向クイズ 天下統一(NHK総合、2012年4月30日)
    • サワコの朝(TBSテレビ、2012年5月5日)
    • EXILE魂(TBSテレビ、2012年5月20日)
    • 旅のチカラ「タコの不思議に魅せられて さかなクン イタリア・ナポリ」(NHK BSプレミアム、2012年6月28日)
    • ドライブ A GO!GO!(テレビ東京、2012年7月1日)
    • 水野真紀の魔法のレストラン(毎日放送、2012年7月11日) - カプサイシン研究所ゲスト
    • キズナのチカラ(BS日テレ、2012年8月10日)

    ラジオ番組

    • 大沢悠里のゆうゆうワイド(TBSラジオ) - 火曜日のコーナー「おいしいものをありがとう ゆうゆう 教えて!さかなクン」レギュラー
    • 全国こども電話相談室(TBSラジオ)
    • 小堺一機のサタデーウィズ(TBSラジオ)
    • テリー伊藤 のってけラジオ(ニッポン放送)
      • 2001年1月2日、2002年1月16日・11月21日、2006年7月21日、2007年4月30日・6月7日ゲスト
    • つながるラジオ(NHKラジオ第1)ラジオ井戸端会議ゲスト 2009年6月30日

    コマーシャル

    • 味の素「冷凍食品・えびシュウマイ」(2007年、香取慎吾と共演)
    • グアム政府観光局 「グアム夏・ハッピー編」(2008年2月22日 - 2月28日)
    • JFマリンバンク(2009年 -ラジオCM)
    • 東京電力「でんこシリーズ・エアコン2009冬篇」(2009年)
    • ロッテ「Fit's」(2011年、佐々木希と共演)
    • ディズニー・チャンネル、2011年9月3日の新シリーズ込みの「スイチュー!フレンズ ギョギョ!おさかなにムチュー!」の声優参加発表つきの宣伝
    • マルハニチロ食品「くるんパック おさかなソーセージ」「DHA入りリサーラソーセージ」(2011年)

    アニメ映画

    • ファインディング・ニモ (2003年) 大きな魚役 (声の出演)
    • ドラえもん のび太の人魚大海戦 (2010年) - サッカーナ役(声の出演)・映画宣伝係

    テレビアニメ

    • ヤッターマン(読売テレビ、2008年11月10日) - 本人役として出演。しかし、同日同時間に当時裏番組だった「関口宏の東京フレンドパークII」(TBSテレビ)にも出演していた。ヤッターマンでは世界のナベアツ、フレンドパークではつるの剛士とゲスト出演。
    • スイチュー!フレンズ (2011年9月3日) - 役名公開不可(♯10、ザ・オスカーフィッシュ物語、声の出演)

    作品

    単著

    • さかなでございます! - 海いっぱいのおくりもの
    • プクプクのかくれんぼ-さかなクンのイラストストーリー
    • おさかな新発見!おしえてさかなクン
    • さかなクンの金魚の飼い方入門
    • さかなクンのさかなレシピ
    • さかなのなみだ

    共著

    • どうぶつ奇想天外!仲良しサカナ組(中村征夫との共著)
    • おしえてさかなクン-歌うさかな図鑑(ヤマグチシュンスケとの共著)
    • 環境省・環のくらし応援団 さかなクン、♪鳥くん、琉球サンゴくんの地球の環!!(♪鳥くん、琉球サンゴくんとの共著)

    寄稿

    • 「interview」『月刊消防』25巻3号、2003年3月、1-4頁。
    • 「魚の魅力自然とのふれあい」『児童心理』61巻7号、2007年5月、636-643頁。
    • 「柴田理恵のワハハ対談!――実は海の汚れの原因は生活排水なんです」『潮』580号、潮出版社、2007年6月、179-187頁。(柴田理恵との対談)
    • 「生きていた絶滅魚クニマス」『文藝春秋』89巻3号、文藝春秋、2011年3月1日、88-89頁。

    • さかなクン!お絵かきマンボ(2002年11月20日)
      作詞:もりちよこ/作曲:上田益/編曲:川本盛文
    • さかなdeラップ(2004年7月22日、「さかなクン with 山口瑠美」名義)
      作詞:さかなクン/作曲・編曲:西村幸輔
    • コイシテイルカ(2009年4月22日、NHK『みんなのうた』4月・5月の曲)
      作詞:もりちよこ/作曲:ユ・ヘジュン/編曲:ユ・ヘジュン、RYU、Jeff Miyahara
      アルトサクソフォーン、バスクラリネット、コントラバスクラリネットで演奏にも参加

    食玩

    • さかなクンの空想水族館(カバヤ) - おまけシールイラスト
    • さかなクンの海中さんぽ(エフトイズ) - イラストの魚のフィギュア化